自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

商品販売と記帳

商品は資産の勘定科目です。仕入や販売によって、商品という 勘定科目が増減します。

【例】現金1万円で商品を仕入れ、1万5千円で販売した。
(借方)
商品
10,000
(貸方)
現金
10,000
(借方)
現金
15,000
(貸方)
商品
10,000




商品販売益
5,000

ただし、上記のような仕訳方法だと販売の都度、 その商品の仕入額を調べる必要があるので面倒です。

そのため、一般的に「仕入」と「売上」という勘定科目を 使います。
(借方)
仕入
10,000
(貸方)
現金
10,000
(借方)
現金
15,000
(貸方)
売上
15,000

「売上」と「仕入」の差額が「商品販売益」になります。

この方法だと、販売時に商品の仕入額を気にする必要がないので 楽です。

決算時に売上の総額から仕入の総額を引いて、その期の販売益を 計算します。会計ソフトなら自動的にこの計算を行ってくれます。
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google