自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

仮払金と仮受金

相手勘定や金額が未確定の取引では、仮払金と仮受金を一時的に 勘定科目として使います。

【相手勘定が未確定な場合】
●普通預金に、相手勘定が不明の1万円の振込みがあった。
(借方)
普通預金
10,000
(貸方)
仮受金
10,000

●1万円の振込みは、利息の支払いと判明した。
(借方)
仮受金
10,000
(貸方)
受取利息
10,000

○上記2つの仕訳を合わせると仮受金が消えます。
(借方)
普通預金
10,000
(貸方)
受取利息
10,000

【金額が未確定な場合】
●チラシを外注したが金額が確定しないので、 取敢えず仮払金2万円で仕訳した。
(借方)
仮払金
20,000
(貸方)
現金
20,000

●チラシ代が1万2千円に確定した。
(借方)
広告費
12,000
(貸方)
仮払金
20,000
現金
8,000

○上記2つの仕訳を合わせると仮受金と余分な現金が消え、 正しい仕訳になります。
(借方)
広告費
12,000
(貸方)
現金
12,000

仮受金と仮払金は一時的な勘定科目なので、必ず消失させるように 気をつけます。
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google