自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

決算整理

日々の事業活動を記帳することで、 財政状況は記録されていきます。

ただし、これだけでは一定期間(多くは1年間)の 事業活動を正確に表すことは出来ません。

日々の記帳の中には、翌期に関連する取引もあるし、 また、前期から引き継がなければならない取引もあります。

当期に関係ある取引のみに調整する作業が必要になります。

そこで、期末に下記のような調整を行います。

(1)たな卸資産の調整
(2)減価償却費の計上
(3)貸倒引当金の計上
(4)費用・収益の繰延・見越
(5)法人税・住民税
Ads by Google