自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

減価償却費の計上

建物、高額なパソコン・機器などは固定資産として計上されます。

これらの資産は年数を経ると劣化して価値が下がっていくので、 減価償却という形でその価値を減らしていきます。

例えば、現金30万円でパソコンを購入。
毎年6万円の減価償却とすると1年目は次のようになります。
(借方)
パソコン
300,000
(貸方)
現金
300,000
(借方)
減価償却
60,000
(貸方)
パソコン
60,000

2年目からは、減価償却だけを計上していきます。
(借方)
減価償却
60,000
(貸方)
パソコン
60,000

貸借対照表では、資産のパソコン(機器)の値が毎年減っていきます。
1年目:パソコン(機器)240,000
2年目:パソコン(機器)180,000

減価償却の償却期間、償却額は資産ごとに決められています。
税務署のホームページや税の手引きなどで調べることが出来ます。

パソコンや機器などは、価格によって費用となるか固定資産となるかも 決められています。

減価償却できるものに固定資産以外に創立費・開業費があります。
詳しくはこちらをご覧ください
Ads by Google