自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

法人税・住民税

法人税・住民税の実際の支払いは、翌期になるので、期末に未払法人税として計上します。 未払法人税は貸借対照表の負債項目になります。
(借方)
法人税
50,000
(貸方)
未払法人税
50,000

そして、翌期の法人税の納付時に、次のように記帳します。
(借方)
未払法人税
50,000
(貸方)
現金
50,000

中間申告をしている場合には、仮払法人税の勘定科目を使います。
●中間申告で、法人税10万円を納付。
(借方)
仮払法人税
100,000
(貸方)
現金
100,000

●決算で、法人税25万円と確定。
(借方)
法人税
250,000
(貸方)
仮払法人税
100,000




未払法人税
150,000
Ads by Google