自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

創立時・開業時の記帳

法人を立ち上げたときに関連する記帳項目があります。

資本金と創立費・開業費です。

●1000万円資本金を普通預金に振り込みました。
(借方)
普通預金
10,000,000
(貸方)
資本金
10,000,000

創立費・開業費は、登記費用や創立・開業のための費用です。
これらは費用ですが、1年で全額費用として計上するのではなく、 数年にかけて費用として償却することが認められています。

数年にかけて償却する場合には、創立費、開業費は資産項目に計上し、減価償却で減らしていきます。

●創立費用100万円を現金で支払いました。
それを5年で償却します。
1年目
(借方)
創立費
1,000,000
(貸方)
現金
1,000,000

(借方)
創立費償却
200,000
(貸方)
創立費
200,000

2年目
(借方)
創立費償却
200,000
(貸方)
創立費
200,000
3年目
(借方)
創立費償却
200,000
(貸方)
創立費
200,000
4年目
(借方)
創立費償却
200,000
(貸方)
創立費
200,000
5年目
(借方)
創立費償却
200,000
(貸方)
創立費
200,000

償却期間は商法や法人税法で決められています。
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google