自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

資産とは

資産は、現金や預金、建物など財産にあたるものです。
一般的に大きく分けて流動資産、固定資産、繰延資産があります。

短期間に出入りするものを流動資産、 長期間において出入りがないものを固定資産に分けています。

この場合の期間とは、1年以内を短期間、1年を越えるものを長期間と しています。ワン・イヤー・ルールと呼ばれています。

流動資産は、現金や預金、受取手形、売掛金、短期貸付金などのほか、 商品や製品、半製品、原材料も含まれます。

固定資産は、さらに有形固定資産と無形固定資産、投資その他の資産に 分けられます。

有形固定資産は、土地や建物、機械、器具、車両など目に見える形のあるものです。 それに対して、無形固定資産は営業権や借地権など目に見えないものです。

投資その他の資産は、営業活動に直接関係する資産ではないものです。
営業取引の便宜を期待する子会社・関係会社の 有価証券・出資金・貸付金と 利殖を目的にした長期保有の有価証券があります。


繰延資産は、数年間に渡って償却される費用です。
詳しくは次ページをご覧ください。
Ads by Google