自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

繰延資産

繰延資産は、数年間に渡って償却される費用です。

通常の費用は、対価が支払われたときに全て費用として 計上します。その期限りの費用です。

一方、繰延資産は、その効果が1年のみならず 複数年に及ぶと考えられるので、数年間に渡って償却することが 認められている費用です。

効果が複数年に及ぶと言っても、サービスや権利と違い 明確なものではないため、前払費用に計上せず繰延資産として 計上します。

商法で定められている繰延資産には、次の8項目あります。
(1)創立費
(2)開業費
(3)新株発行費
(4)社債発行費
(5)社債発行差金
(6)開発費
(7)試験研究費
(8)建設利息
Ads by Google