自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

資本とは

資本項目には、資本金、法定準備金、剰余金があります。

資本金は、株主によって払い込まれた資金です。

法定準備金は、法律によって義務付けられている積立金です。 資本の欠損を補填する場合か資本金に組み入れる場合以外、 取り崩すことが出来ません。

法定準備金には、資本準備金と利益準備金があります。

資本準備金は、合併時の資本金をオーバーしたものや株式払い込み時に 資本金としなかったものです。

利益準備金は、剰余金を配当金として支払う場合に一定の額を 積み立てることを義務付けられたものです。

剰余金は、経営活動によって得られた利益です。 任意積立金と当期未処分利益からなります。

任意積立金は、企業が独自に積み立てている資金です。 法定準備金と違い法律の規制をうけません。

当期未処分利益は、利益処分で配当金や任意積立金などの用途を 決めるか翌期に繰り越します。
Ads by Google