自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

引当金

引当金とは、次の用件を満たすものです。 (1)まだ支出のない費用か損失 (2)発生原因が当期以前にある (3)翌期以降に発生する可能性が高い (4)金額を合理的に見積ることができる 賞与引当金、退職給与引当金、貸倒引当金などがあります。

賞与(ボーナス)は、一般的に半年毎(6月、12月)に支払うことが 多いです。この場合、半年間の働きに対してのものですが、 3月決算の会社では、6月の賞与は2つの期に渡る働きに対するものになります。 このうち当期に該当する部分を、賞与引当金として計上します。

退職給与引当金は、複数年に渡る勤務に対して支払われる退職金を それぞれの期に分けて費用として計上するものです。

貸倒引当金は、売掛金や受取手形のように翌期以降に支払われるもので 回収不能が予想される部分を費用として計上するものです。

引当金の記帳は、引当金繰入という勘定科目と対で計上します。
(借方)
貸倒引当金繰
100,000
(貸方)
貸倒引当金
100,000
(借方)
賞与引当金繰入
200,000
(貸方)
賞与引当金
200,000

貸借対照表では、それぞれの引当金の意味によって違う場所に 記載されます。

賞与引当金、退職給与引当金は負債の部に記載されます。 貸倒引当金は資産の部にマイナスで表示されます。
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google