自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

固定資産の売却・除却

使わなくなった機械を売ったり、廃棄処分すると 固定資産取引が生じることになります。

売る場合を売却、廃棄処分する場合を除却と言います。

売却損、売却益、除却損という勘定科目を使って仕訳を 行います。

●帳簿価額100万円の機械を80万円で売却した。
(借方)
現金
800,000
(貸方)
機械
1,000,000

固定資産売却損
200,000




●帳簿価額100万円の機械を120万円で売却した。
(借方)
現金
1,200,000
(貸方)
機械
1,000,000




固定資産売却益
200,000

●帳簿価額100万円の機械を処分した。
(借方)
固定資産除却損
1,000,000
(貸方)
機械
1,000,000
Ads by Google