自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

固定資産

土地や建物など1年以上の長期に渡って使用する資産を 固定資産といいます。

土地や建物以外にも、自動車、機械、器具なども 固定資産になります。
また、商標権や特許権などの権利も固定資産となります。 土地や建物など形のあるものを有形固定資産、 特許権のように形のないものを無形固定資産といいます。

なお、小額のものは費用として計上することが出来ます。 税法では20万円未満のものは費用として処理できます。

逆に20万円以上のものは固定資産となりますので、 パソコンも高額なものは固定資産となるので注意が必要です。

固定資産の中には、年月の経過とともにその価値が劣化していくものが あります。建物や機械などです。 これらは、減価償却として数年に渡って費用計上することが認められています。

一方、土地などは、年月の経過とともにその価値が劣化することは ないので減価償却はありません。
Ads by Google