自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

有価証券

有価証券とは、株式、国債、社債などのことをいいます。

簿記では、所有の意味合いを考慮して、 有価証券の種類によって流動資産と固定資産に分けています。

上場株式や国債のように市場性があるもので、 一時的に所有するものを 流動資産項目の有価証券としています。

それに対して、長期所有を目的とするもの、市場性の無い 非上場株式、関連会社の株式などを固定資産項目の 投資有価証券としています。

【仕訳例】
●有価証券を200万円で購入。
(借方)
有価証券
2,000,000
(貸方)
普通預金
2,000,000

●有価証券を290万円で売却、手数料10万円。
(借方)
普通預金
2,900,000
(貸方)
有価証券
2,000,000
有価証券売却益
900,000
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google