自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

簿記とは

事業活動を行っていくと財産が増減し、利益・損失が発生します。その活動を記録する方法が簿記です。

取引先や株主に提示するためや税金納付のために、事業の活動状態を示す必要があります。 客観的に判断するには、皆に共通する一定のルールのもとに作られた数字が必要です。 そのために、皆に共通な簿記と言う方法がとれらています。

商品を仕入れたり販売したり、事務で使う鉛筆や事務用品を購入したりと 事業活動の中ではお金の出入りがちょくちょく発生します。 その活動を随時、記録していくのが簿記の作業になります。

この日々の記録が積み重なって、損益計算書、貸借対照表といった財務諸表が出来上がります。 財務諸表が株主や取引先、税務署などに提示する事業活動の状態を示す書類になります。
Ads by Google