自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

資産・資本・負債と貸借対照表

人には財産と借金があります。企業などの事業組織にも財産と借金があります。

現金や預金、建物や土地などの財産が資産です。資産には、今、実物としてあるものだけでなく、 売掛金や貸付金のように今は手元にないけど将来には自分のところに入ってくる権利も含まれます。

負債と言うのは借金のことです。 銀行など金融機関からの借入れや、仕入先の買掛金など将来には他人に渡さなければならない財産です。

ところで、現金や土地などの財産ですが、自分のものと言いつつも実際には全部が自分のものと言えないことがあります。 その財産を借金をして手に入れて、その返済が済んでいない場合です。

ここで、資本が登場します。資本は純資産、純財産、正味財産と呼ばれ、実質的な自分のものです。 数式で表すと
資本=資産-負債
となります。

貸借対照表は、資本・資産・負債の関係を表にしたもので、左側(借方)に資産を 右側(貸方)に資本と負債を書きます。そして、左側右側のそれぞれの合計金額は等しくなります。
資産=資本+負債

貸借対照表をみると、借金がどれくらいあって、実質的な財産(資本)がどれくらいあるか分かります。 現金、預金や土地(資産)を沢山持っていても、実は借金(負債)だらけだったなんてことも分かってしまいます。

Ads by Google