自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

簿記の作業(取引・仕訳・勘定科目)

簿記の作業は、
(1)日々の事業活動を記録する。・・・仕訳
(2)上記の記録をもとに一定期間の事業活動の状態(成果)をまとめあげる。・・・決算
になります。

日々の事業活動とは、
・鉛筆やコピー用紙などの文房具を購入した。
・取引先に移動するときに電車賃がかかった。
・商品が売れた。
などの金銭の増減があった事柄です。これらの事業活動を取引といいます。
一つ一つの取引を記録していきます。その作業を仕訳と言います。

例えば、「コピー用紙を500円で購入した。」という取引を仕訳すると下記のようになります。
(借方)
事務用品費
500円
(貸方)
現金
500円

事務用品費、現金は勘定科目といいます。
記録するときにコピー用紙や鉛筆などと具体的に記録していると細かすぎるので、 これらをまとめて事務用品費という勘定科目でひとくくりにします。

●取引とは、金額表示できるもので、資産・資本・負債の増減を生じさせる事業活動です。
●勘定科目とは、事務用品費、現金、売上など取引内容を示すものです。
●仕訳とは、取引を借方・貸方に分けて、それぞれに勘定科目をつけることです。

借方・貸方の名称(借、貸)に意味は無く、慣習として左側を借方、右側を貸方と呼びます。


それぞれの取引を一定期間でまとめると、それぞれの勘定科目の増減が表示できます。
・現金が30万円増えた。
・事務用品費に5万円使った。
などがわかることになります。
このまとめ上げたものが、貸借対照表と損益計算書になります。
まとめ上げる作業を決算と言います。

決算をすると、一定期間の事業活動の成果である損益と決算時の財産状態がわかります。
Ads by Google