自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

商品売買取引

商品は、原価に利益を上乗せして販売します。
販売額=商品原価+販売利益

現金10,000円で商品を仕入れた。
(借方)
商品
10,000
(貸方)
現金
10,000

その商品を現金15,000円で販売した。
(借方)
現金
15,000
(貸方)
商品
10,000
(貸方)
商品販売益
5,000

これは分記法です。販売時に商品の仕入原価を調べる必要があります。 実際の営業活動では、商品の販売ごとに商品の原価を調べるのは手間がかかるので 効率的ではありません。

実際には、売上・仕入・繰越商品の3つの勘定科目を使って記帳します。 これを三分法といいます。 商品を仕入れたときは「仕入」勘定を、販売したときには「売上」勘定を 使います。

現金10,000円で商品を仕入れた。
(借方)
仕入
10,000
(貸方)
現金
10,000

その商品を現金15,000円で販売した。
(借方)
現金
15,000
(貸方)
売上
15,000

販売益は、売上から当期に販売された商品原価を引いたものになります。 商品には、前期に残ったもの、当期中に仕入れたもの、当期に残ったものがあります。 当期に販売された商品総額は、(前期に残ったもの+当期中に仕入れたもの-当期に残ったもの) で計算されます。

そのために、期末には、仕入れ商品の在庫を確認し、翌期への「繰越商品」の 処理をします。勘定科目で表すと下記の式になります。
当期の販売益=売上-(期首繰越商品+仕入-期末繰越商品)
期首繰越商品は、前期に残った在庫の当期への引継ぎ分。
期末繰越商品は、当期に残った在庫の翌期への引継ぎ分。
仕入は、当期に仕入れた商品。

三分法なら、販売のつど商品原価を調べる必要がなく効率的です。
繰越商品を記帳するときは、仕入勘定と対になります。

期首繰越商品1,000,000円。
(借方)
仕入
1,000,000
(貸方)
繰越商品
1,000,000

期末繰越商品500,000円。
(借方)
繰越商品
500,000
(貸方)
仕入
500,000

期末繰越商品は、資産として計上されます。
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google