自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

掛取引

商品の仕入時や販売時に、代金の支払いや受け取りを行わず、 後日に支払いや受け取りを行うことを掛取引といいます。

後日に代金の支払いをするときは買掛金、後日に代金の受け取りを するときは売掛金の勘定科目を使います。

商品100,000円を買掛金で仕入れた。
(借方)
仕入
100,000
(貸方)
買掛金
100,000

商品150,000円を売掛金で販売した。
(借方)
売掛金
150,000
(貸方)
売上
150,000

後日の代金の支払い・受け取りのときに、買掛金・売掛金と 実際の代金の勘定科目で記帳します。

買掛金100,000円を手形で支払った。
(借方)
買掛金
100,000
(貸方)
支払手形
100,000

売掛金150,000円が当座預金に振り込まれた。
(借方)
当座預金
150,000
(貸方)
売掛金
150,000

売掛金は、相手から将来の代金の支払いを見込んだものです。 そのため、相手の都合(倒産など)によって代金の受け取りを 出来なくなる場合があります。 そのようなときは、貸倒損失勘定で記帳します。

取引先が倒産し、売掛金150,000円が回収不能になった。
(借方)
貸倒損失
150,000
(貸方)
売掛金
150,000

また、貸倒損失は費用になります。
Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google