自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

手形取引

手形とは、一定の時期に一定の金額を誰が誰に支払うことを約束する 証券です。手形を出す人を振出人、手形を受け取る人を名宛人といいます。

手形に約束手形と為替手形があります。

約束手形は、振出人が名宛人に支払うことを約束するものです。 振出人が手形金額を支払い、名宛人が手形金額を受け取ることになります。

為替手形は、振出人が、名宛人に支払いを委託します。 名宛人が手形金額を支払うことになります。

AがBに対して100,000円の債権があり、AがCに100,000円の債務がある場合、 AはBから100,000円受け取り、AはCに100,000円支払うわけですが、 それなら、BにCへ100,000円支払ってもらおうというときに為替手形が役に立ちます。 振出人Aが、名宛人Bに100,000円をCに支払う為替手形を振り出します。

受取人を自分にして為替手形を振り出すことも出来ます。これを自己受為替手形といいます。 相手に手形を振り出させる手間を省くときに使います。 相手が振出人で名宛人が自分の約束手形の代わりに、 自分が振出人で受け取りを自分に指定して、支払い相手(名宛人)に為替手形を振り出す わけです。

簿記の記帳では、手形は約束手形でも為替手形でも支払手形・受取手形の勘定で処理します。 手形金額を受け取る場合には受取手形、支払う場合には支払手形となります。

商品100,000円販売し、約束手形で代金を受け取った。
(借方)
受取手形
100,000
(貸方)
売上
100,000

受取手形は、相手から将来の支払いを見込んだものです。 そのため、相手の都合(倒産など)によって受け取りが 出来なくなる場合があります。期日に手形の支払いがないことを 不渡りといいます。そのようなときは、不渡手形勘定で記帳します。

取引先が倒産し、受取手形150,000円が不渡りになった。
(借方)
不渡手形
150,000
(貸方)
受取手形
150,000

手形の不渡り後でも、支払いの請求は出来ます。請求によって 回収できた場合には、不渡手形勘定で記帳します。

支払請求によって不渡手形150,000円が回収できた。
(借方)
当座預金
150,000
(貸方)
不渡手形
150,000

支払い請求をしても回収できない場合には、貸倒損失に計上することになります。

不渡手形150,000円が回収不能になった。
(借方)
貸倒損失
150,000
(貸方)
不渡手形
150,000

Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google