自分で出来る簿記・決算書

Ads by Google

債権・債務取引

債権は貸したお金を返してもらう権利、債務は借りたお金を返す義務です。 買掛金・売掛金、支払手形・受取手形は、債務・債権の取引です。 その他にも、次のような債務・債権の取引があります。

前受金・前渡金
未収金・未払金
貸付金・借入金
立替金・預り金
仮払金・仮受金

■前受金・前渡金
通常の営業取引における商品の引渡しやサービス提供の前に 代金の支払い・受け取りを行った場合に使います。

■未収金・未払金
通常の営業取引以外で生じる代金の支払い・受け取りを行った場合に使います。 例えば、固定資産の土地や建物を売却・購入するとき、有価証券の売却・購入など。 通常の営業取引は、売掛金・買掛金を使います。

■貸付金・借入金
資金の借入れ、貸し付けに関する場合に使います。

■立替金・預り金
現金の一時的な貸し借りに関する場合に使います。 きっちりとした貸し借りには、貸付金・借入金を使います。 例えば、従業員給料の源泉徴収の税金を納付するまで 預り金勘定で記帳します。従業員の税金を会社が一時的に預かっている形に なります。

■仮払金・仮受金
現金の支出に対して、相手勘定科目が不明または金額が確定していない場合に使います。 取り合えず記帳するために使うもので、内容が判明した時点で正確なものに置き換えます。

当座預金に内容不明の振込み100,000円があった。
(借方)
当座預金
100,000
(貸方)
仮受金
100,000

後日、売掛金の支払いであることがわかった。
(借方)
仮受金
100,000
(貸方)
売掛金
100,000

Ads by Google
Ads by Google
Ads by Google